山梨のリフォーム・リノベーション専門店「HarK(ハーク)」

山梨県中巨摩郡昭和町飯喰1557-11
更新日2018年8月29日

E-mail

hark@goo.jp

営業時間

9:00〜18:30
日曜休(たまに営業)

ハークくろさわ

0120-899630

耐震リフォーム 耐震補強

耐震リフォーム 耐震補強

耐震リフォームのこと。考え方など、下記リフォネットのページより抜粋しております。
まずは、ご自宅の診断をしてみて下さい。下記クリックすると日本建築防災協会のページに行きます。そちらをチェックしてから、お読み下さい。

当社は決して、不安を煽る耐震リフォームを御提案する訳ではありません。

まずはこちらをクリック⇒「誰でも出来る我が家の耐震診断」

住まいの耐震化の重要性

わが国は頻繁に地震の起こる“地震大国”です。
震災は災害の中でも予測がつきにくく、ひとたび大地震が起こるとその被害は甚大です。

世界中を震撼させた阪神・淡路大地震では6,400人を越える尊い命が損なわれましたが、その犠牲者の実に8割以上が家屋の倒壊等による圧死が原因でした。

地震の起こりやすい「活断層」は全国至る所にあります。

また、海洋性の地震では、「東海地震」はもういつ来てもおかしくないと言われていますし、「東南海・南海地震」においても600を超える市町村が対策推進地域に指定(平成15年12月16日現在)されており、国や地方公共団体も古い住宅の耐震化を積極的に進めようとしていますが、なかなか耐震化が進んでいないのが現状です。

地震はいつ、どこでやってくるかわかりません(例えば、南海・東南海地震の発生確率は交通事故で負傷する確率より高いというデータも公表されています)。

阪神・淡路のような悲劇を繰り返さないために、何より自分や自分の家族が住宅の下敷きになって命を落とさないように、現在住まわれている住宅の耐震性能をしっかり把握し、適切な耐震補強を行うことが必要となります。

耐震リフォーム阪神大震災の死亡原因.jpg

耐震リフォーム断層帯及び周辺海域.jpg

確認方法

構造の安定性(耐震性)については、住宅性能表示制度で「耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)」という評価方法基準が定められており、耐震性能が三段階の等級で示すことができます。

また、木造戸建住宅においては、(財)日本建築防災協会発行の「木造住宅の耐震診断と補強方法」の診断方法が広く用いられており、地方公共団体による耐震診断・耐震補強に対する助成制度も、この診断方法による診断の結果を要件としていることころが多いようです。

耐震診断の考え方

耐震診断判定方法.jpg

住まいが地震に対して安全か、そうでないかを判断するために、耐震診断というものがあります。

専門家が行う診断は、一般診断法と精密診断法の2種類がありますが、一般的な木造住宅であれば、一般診断法で十分です。

評価は4段階に分かれ、数値で表されます。この数値がより小さい方が耐震性がなく、危険であることを示しています。

地震による被害の大きさは、震源地の深度や距離、時間、揺れ方など一様ではないのですが、この診断法で「倒壊しない」と評価された場合、だいたい関東大震災なみの震度6強の地震がおきても、建物が潰れてしまわないレベルと考えてよいでしょう。

「倒壊する」は、人命が奪われるほど建物が破壊されてしまう状態を指します。
この評価の第一の基準は「生命の安全」ですので、震度6強より弱い地震でも、タイルにひびが入るなど、建物に被害が出る可能性はありますので、そのことは承知しておいてください。

築30年くらいの木造住宅は、ほぼ全ての住宅が耐震性が不十分といわれています。

建ててから30年以上経った住まいは早めに耐震診断をして、問題点を知り、改修工事を実施するなど、対処した方がよいでしょう。

※「誰にでもできるわが家の耐震診断
10の質問事項が設定されており、簡単に住まいの耐震性について自己診断ができます。ただし、ちゃんとした診断をするには建築士などの専門家が行う耐震診断を受けてください。

耐震診断のポイント

さて、住まいの耐震診断をするには、その建物がどういう状態なのかを調べる現地調査が必要となります。以下に、調査のチェックポイントや、その見方などをご紹介します。

住まいがしっかりしているかどうか最初に確認するところは、建物の土台部分にあたる床下や基礎の部分です。

外側から住まいの基礎部分や壁にひび割れがないかを見たり、床下に入って、基礎と土台などの木材とのつなぎ部分がはずれていないか、また白蟻や木喰い虫などの喰害にあっていないかどうかを調べます。

また、床下にはいろいろな配管や配線が通り湿気などがたまりやすいので、周りの木が腐ったり欠けたりしていないかなども確認します。

それから屋根と天井の間の小屋裏も見ます。
屋根を支えている木材が腐ったり、喰害にあっていないかどうか、さらに、壁に筋かいが入っているか、この筋かいがちゃんと柱にとまっているかどうかも確認します。

室内では、浴室やトイレが要注意部分です。浴室やトイレなどの水回りは湿気が多いところなので、木も傷みやすく虫害が発生しやすいので、壁などを叩いて音の変化で内部の状態を確認します。

さらに図面で壁に筋かいが入っているかどうかをみたり、実際の壁の位置や大きさなどがバランスよく配置されているかどうかを確認して、診断書を作成していきます。

耐震補強.jpg

診断を頼んだらすべてお任せにするのではなく、病気を医師にみてもらうときと同じように、診断内容や改修方法などを自分で納得のいくまで説明してもらうようにしましょう。
そうすることが、より適切な耐震改修につながります。

最近は、無料で診断するといって住まいに上がりこみ改修工事の契約を結び、本来不要な工事をしたり、高額な請求をする業者が社会問題になっています。

こうした悪質な業者にだまされないようにするには、診断を頼んだらすべてお任せにするのではなく、病気を医師にみてもらうときと同じように、診断内容や改修方法などを自分で納得のいくまで説明してもらうようにしましょう。

そうすることが、より適切な耐震改修につながります。

リフォネットホームページより抜粋

耐震診断と耐震補強

耐震リフォームは高い!というイメージがかなりあると思います。

悪徳リフォーム業者が、不安を煽るような耐震リフォームの提案・施工を行っているという残念な業界の風潮があり、当社では、今まで、特別に耐震リフォームの提案という事はしていませんでした。

耐震リフォームの助成金を貰う事が、非常に難しく、結構高額なリフォームになるのも事実です。助成金を貰う為にしなくてはならない規準が高いのです。
ですが、部分別、部屋別、予算別に効果ある耐震補強を行えば、助成金の需給を得られないコストを抑えた耐震リフォームでも、効果が無い訳ではありません。

耐震リフォームによる耐震補強について、特別な金物を使用して、高額リフォームにならないように、壁に構造用合板を貼るだけや、筋交を足すだけでも耐震補強としての効果はあります。

時代の変化により、優れた建材も多く出回ってますが、普通の金物の補強などでも、耐震性を増すためのリフォームは出来るんです。
多くの工務店や、耐震リフォームの専門家では、昔からある工事方法を用いて、補強を検討するケースが多いのです。

耐震」というキーワードに何処までを望むのか?というのが耐震リフォームのポイントになるのは事実です。直下型の地震の時に、初めて効果が現れる

助成金を受けて、耐震評価を高めたリフォームをしたからといって、家が絶対に潰れたり、倒壊しないという保証が無いのです。

ただ、一瞬で倒壊したりするのを防ぐのには、どうしても耐震性を増す為の耐震補強や、耐震リフォームが必要なのも事実です。

耐震診断をして、御住まいの弱点などを明確にし、ご予算に合わせたコストを抑えた耐震補強。耐震リフォームを当社では施工しております。
被災建築物応急危険度判定士・住宅メンテナンス診断士・建築士などの確かな資格と技術を持った私が、ご提案するHarKの耐震リフォーム
決して不安を煽るような事は致しません。

 

柱・張・壁などの構造体の補強・耐震金物や制震金物を使用した補強・ガルバリウム鋼板屋根などに屋根を葺き替え、屋根の軽量化・特殊な樹脂や繊維を用いた基礎の補強など、耐震リフォームと一口に言っても、やる方法は様々なのです。

熊本の地震を受けて、現在の建築基準法で建てられた建物も倒壊・半倒壊をしました。

耐震+αが必要になる時代になったのです。

自治体で、無料の耐震診断なども行っております。その判定結果を元に、リフォーム提案なども行っておりますので、無料耐震診断を、お考えの方も、是非、ご相談下さい。

詳しくは問い合わせページまで

お問合せはこちら

当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。
リフォームでは、現地を確認しないと見積が出せません。見積・相談無料です。
どうぞお気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

ハークくろさわ

0120-899630

営業時間:9:00~18:30 日曜定休(たまに営業)

携帯:090-6184-5252 (営業時間外はこちらへ)
E-mail:hark@goo.jp24時間365日受付中)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

      ハークくろさわ

0120-899630

hark@goo.jp

営業時間:9:00~18:30
メールは24時間365日受付中です。お気軽にお問合せください。

お問合せフォームはこちら

住設あんしんサポート

弊社は住設あんしんサポートの加盟店です。
毎日を快適にする水まわりや電気機器。住宅設備の最高10年保証サービスは、お客様に安心と信頼を提供します。

詳しくはこちら

会社概要はこちら

HarK (ハーク)

ハークくろさわ

0120-899630

090-6184-5252

055-269-5377

hark@goo.jp

住所

〒409-3852
山梨県中巨摩郡昭和町飯喰1557-11

 

営業時間

9:00〜18:30
日曜定休(たまに営業)

 

営業エリア

山梨県内 | 甲府市 | 甲斐市 | 南アルプス市 | 韮崎市 |
北杜市(明野町・須玉町・
長坂町) | 笛吹市 | 中央市 |
山梨市 | 昭和町 |富士川町 |
市川三郷町

見積・相談無料です。どうぞお気軽にお問合せください。

会社概要はこちら

代表 黒澤浩志の自己紹介